巻物

円形脱毛症

男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証!

ホーム >> 男性ホルモンが原因ではない髪の悩み・円形脱毛症

円形脱毛症と男性ホルモン

抜け毛や薄毛などの髪の悩みは、主に男性ホルモンの分泌量が乱れたことによって起きると言われています。しかし、男性ホルモンとは全く関係ないことが原因で起きるのが、円形脱毛症です。

そこで、円形脱毛症の原因や症状、対処法についてお話していきます。

男性ホルモンではない!円形脱毛症の原因は

円形脱毛症は、考えられる原因がいくつか存在しています。1番大きな原因は、長い間蓄積したストレスです。ストレスをそのまま放置し、限界まで溜め込んでしまうと、体全体の血流が悪くなります。

そうすると、必要な栄養分が髪にまで行き届かなくなってしまうのです。その結果、ある日突然、円形脱毛症の症状が現れてしまうのです。

次に考えられる原因は、体内の免疫機能の誤作動です。これにより、髪の毛の根っこ部分にある「毛乳頭」と呼ばれる部分を、体に有害なウイルスや雑菌だと勘違いし、攻撃を仕掛けるようになってしまうのです。その結果、髪が根元からダメになり、抜けてしまうという現象が起きます。

では、なぜ免疫機能が誤作動を起こしてしまうようになるのでしょうか。

先に述べたストレスも大きな原因の1つです。その他には、生活習慣の乱れによる過労・ウイルス感染・アレルギーが原因であると言われています。 特に、アレルギーで免疫機能が誤作動を起こすケースは増えてきており、「花粉症をきっかけに、円形脱毛症を発症した」というケースもあるようです。

AGAとの違いは?円形脱毛症の症状について

円形脱毛症は、AGAとは全く違った症状が出ます。そのため、一目で見分けがつきやすいと言えます。

まず、「髪が徐々に薄くなる」というAGAに対して、円形脱毛症は、「一部分のエリアの髪が、いきなりごっそりと抜ける」という点が特徴です。円形脱毛症は、何の前触れもなく、ある日突然、髪が束になって抜けます。そのため、最初は驚いてしまう人が多いようです。

又、「髪が抜けた部分がくっきりとした円形になっている」という点も特徴的です。そのため、髪が生えている部分と抜けてしまった部分の境界線がハッキリしています。

円形脱毛症の対処法

円形脱毛症になってしまった場合、何が原因なのかによって、対処法が違います。ストレスが原因である場合は、自宅でゆっくりしながら自然治癒を待ちます。心身の疲れが解消されると、自然に髪も生えるようになります。

しかし、免疫機能の誤作動や、遺伝が原因で円形脱毛症になっている場合は、病院で適切な治療が必要になります。いずれの場合も、皮膚科か、薄毛治療専門の病院を受診することになります。

まとめ

円形脱毛症はAGAと違い、男性ホルモンが原因で起きるものではありません。ストレスや遺伝・体の免疫機能が誤作動を起こすことが原因です。

又、原因によって対処法も違ってくるため、早めに原因を特定し、適切な対処を行うことが大切です。

手裏剣


Copyright (C) 男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証! All Rights Reserved.
巻物の端