巻物

AGAの治療法

男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証!

ホーム >> 男性ホルモンの分泌の乱れが原因の薄毛・AGAってどんな治療をするの?

AGAってどんな治療をするの?

男性ホルモンの分泌が乱れることで起きるAGAは、残念ながら自然治癒は期待できません。そのため、AGAの悩みから解放されるためには、病院で治療を受ける必要があります。でも、どのような治療をするのか、少し不安がありますよね。

そこで、AGAの治療の流れについてお話していきたいと思います。

AGAはどこの病院へ行ったらいいの?

AGAは、AGA治療専門の科があるのですが、どこの病院にもこの科があるとは限りません。今の日本では数が少ないのですが、皮膚科や美容外科にAGA治療専門の科を置いているケースが多いです。

「AGAは髪の健康の問題」と思われがちなのですが、正確には違います。

男性ホルモンの分泌量が乱れると、頭皮の健康状態が悪化してAGAが起こります。なので、皮膚についての問題を扱っている病院に行く必要があるのです。

基本の治療は投薬治療

AGAの治療は、基本的に薬による治療となります。内服薬・外用薬の両方を使い、体の外側・内側から治療していきます。

内服薬は、AGAの原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロンの過剰分泌を抑えていきます。AGA治療のための内服薬は、短期間で効果が出るというタイプではないので、一定期間飲み続ける必要があります。

この薬は、人によっては眠気や胃のむかつき・腹痛などの副作用が出る場合があります。そのため、もし体に合わない場合は、必ず早めに医師に伝えて、代替案を出してもらってください。

外用薬は、頭皮に塗り込むことで、頭皮部分の血管を拡張させる効果が期待できます。AGAになっている人の頭皮は、血流が悪化しており、栄養分が髪に到達していないケースがほとんどです。

そこで、塗り薬で頭皮の血管を拡張し、血流を促すことで、栄養分が運ばれやすくなるための「通り道」を作るのです。

効果が出るのはいつぐらいから?誰でも完治はするの?

AGAの治療を始めてから、効果が実感できるまでは、少なくとも3〜4ヶ月程度かかると言われています。

又、AGAの治療は、「続けなくては意味がない」という治療です。そのため、治療を途中でやめてしまうと、残念ながら、元の状態に戻ってしまいます。

では、3〜4ヶ月、頑張って治療を続ければ、誰でも完治するのでしょうか?実は、AGAは、「完治することは難しい」と言われています。

では、何のために治療を受けるのかというと、症状の進行を少しでも遅らせるためです。なので、「薄くなってしまった髪を、昔の状態に戻したい」という場合は、植毛などに切り替えた方が良いようです。

AGAまとめ

AGAは、内服薬と外用薬を使った投薬治療が基本となります。但し、「髪が元のようにフサフサと生えてくる」という効果ではなく、「薄毛の進行を喰い止める」という効果を期待するための治療です。

又、治療は一定期間続けなければならないため、治療に踏み切る場合は覚悟が必要であると言えますね。

手裏剣


Copyright (C) 男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証! All Rights Reserved.
巻物の端