巻物

薄毛AGA

男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証!

ホーム >> 薄毛AGA・原因は男性ホルモン?症状や対処法は?

薄毛AGA

AGAと呼ばれる薄毛の症状に悩んでいる男性が、最近増えていると言われています。

AGAは、何が原因で起き、どのような症状が特徴なのでしょうか?そこで、AGAの原因や症状、そして対処法についてお話していきます。

進行性という特徴を持つAGA

「年齢を重ねたせいか、何だか最近髪が薄くなってきた・・・」という症状を日々少しずつ実感するのがAGAです。

AGAは、急激に髪が薄くなるというわけではなく、「毎日少しずつ髪が薄くなっていく」という点が大きな特徴です。

そのため、初期症状としては、「今までは気にならなかったのに、ある日鏡を見たら、髪が薄くなり始めた」というケースがほとんどです。そのくらい、進行がゆっくりであるということが言えますね。

男性ホルモンの分泌量の変化が原因

AGAの原因は、「男性ホルモンの分泌量がバランスを崩してしまったこと」です。

年齢を重ねると、男性ホルモンがバランス良く分泌しなくなってしまいます。その結果、髪の健康を司っていたテストステロンが減ってしまいます。その代わりに、男性ホルモンの中でも「悪玉」と呼ばれているジヒドロテストステロンが過剰分泌されるようになります。

これによって髪の健康状態が悪化し、薄毛を進行させてしまうのです。

若い世代の若年性AGAについて

AGAに悩むのは、年齢を重ねた男性ばかりではありません。中には、20代という若い世代であってもAGAに悩んでいる人はたくさんいます。

この場合、ストレスや睡眠不足、喫煙などの生活習慣が原因で、ジヒドロテストステロンが増えてしまったと考えられます。特に現代社会は、ストレスを溜めっぱなしにしていたり、仕事が忙しくて寝不足が続いてしまったりする人が増えていますね。

これらも、AGAを引き起こす大きな原因の1つであると考えられます。なので、できるだけ自分自身を労わる生活にシフトする必要があります。

AGAの進行は病院で治療できる

AGAに悩み、「このまま髪がどんどん薄くなるのを黙って見ているだけなのか・・・」と悲観している人も多いようです。しかし、AGAは、AGA治療専門の科がある病院で治療することができます。

ら徐々に解放されていきます。但し、保険が適用されない治療になるので、治療費は少し高額になるということを覚えておいてください。

まとめ

AGAは、病院で治療を受ければ、症状の悪化を喰い止めることができます。なので、「薄毛が進行していくのがイヤで仕方がない」と思ったら、1度専門病院のカウンセリングを受けてみることをオススメします。

AGAは、治療をしなければ、どんどん進行してしまうばかりです。なので、薄毛の進行がストレスになっているのであれば、早めに病院を受診してみてくださいね。

手裏剣


Copyright (C) 男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証! All Rights Reserved.
巻物の端