巻物

男性ホルモンの乱れと薄毛の原因

男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証!

ホーム >> これはNG!男性ホルモンの乱れと薄毛の原因になる「やってはいけない習慣」

男性ホルモンの乱れと薄毛の原因

普段何気なく続けている習慣が、男性ホルモンの分泌を乱し、薄毛の原因になっているか漏れないということを知っていますか?

実は、薄毛に悩んでいる人の多くが、男性ホルモンの乱れの原因となる習慣を持っているのです!そこで、男性ホルモンの乱れと薄毛の悩みを解決するために、「やってはいけない習慣」についてお話していきます。

限度を超えた筋トレはやめましょう

男性ホルモンを増やすために、筋トレを日課にしている人もいますよね。ところがこれが、薄毛の原因になっているかもしれません。

もちろん、「健康作りのために、軽い筋トレを習慣にしている」という程度であれば、全く問題ありません。しかし、あまりにも気合を入れて筋トレをしてしまうと、薄毛の原因となる男性ホルモン・ジヒドロテストステロンが過剰分泌し始めます。

そのため、長時間にわたる筋トレは控えることをオススメします。又、筋トレを毎日行うのは、実は「やり過ぎ」です!「1回筋トレを行ったら、間に2日くらい休みを入れる」というペースで行うようにしてくださいね。

ストレスや怒りを溜め過ぎる生活に注意

「常にストレスが溜まっている状態」が当たり前になってしまっていませんか?又、怒りっぽい性格で、何に対してもすぐに腹を立ててしまっていませんか?実はこれらも、男性ホルモンの過剰分泌の原因となり、薄毛に繋がる可能性が高いのです・・・。

「常にストレスが溜まっている」「怒ることが多く、いつもイライラしている」という状態は、言い換えてみると「興奮状態」ですよね。興奮状態が続くと、男性ホルモンは急激に過剰分泌してしまうのです。

これを改善するためには、できるだけリラックスする時間を作ることが大切です。心と体をリラックスさせると、ホルモンバランスが整い、男性ホルモンだけが暴走するということがなくなります。

できればタバコはやめましょう

薄毛に悩む男性の多くに共通するのが、「ある程度の年月、喫煙していた経験がある」ということです。

タバコは、体の内側を興奮させる作用が強いため、男性ホルモンの過剰分泌の原因になります。タバコを吸っていた期間が長ければ長いほど、「長い間、興奮状態にあった」ということですよね。そのため、長期間にわたってタバコを吸っていた人は、薄毛のリスクが高くなるということです。

なので、できれば早めにタバコをやめるようにすることをオススメします。

まとめ

「男性ホルモンを過剰分泌させる生活習慣」における共通点は「興奮状態を引き起こす」ということです。このような生活習慣を続けている限り、薄毛の悩みから解放されなくなります。

できることからで構わないので、生活習慣を徐々に改善することをオススメします。そして、髪の健康を少しずつ取り戻していきましょう。

手裏剣


Copyright (C) 男性ホルモンがハゲを進行させるのか?|スベンソン口コミ検証! All Rights Reserved.
巻物の端